リハビリテーション科
Rehabilitation

リハビリテーション科についてAbout

リハビリテーション科
私たちの病院では障害児・者、神経難病、脊髄損傷などの中途障害の方などを多く引き受けております。
もちろん一般の急性期リハ、整形外科的なリハビリも行っていますが、それ以外に脳卒中などで急性期リハの後、回復期リハビリを受けてもなお在宅に帰ることが出来ない方々、やっと自宅へ帰れても介護保険だけではリハビリを十分受けられないために、徐々に筋力が低下し歩けなくなってくる方々に対して、リハビリを短期集中的に行うことによって在宅復帰を可能にするプログラムも考えています。

神経難病の方々に対しては、進行していく中でコミュニケーションが最期までとれるようにコミュニケーションエイドを利用した訓練なども行っています。 高齢化社会においては嚥下訓練は重要な課題です。嚥下障害のために栄養障害を起こされる方、誤嚥性肺炎を頻繁に起こされる方々に対しての嚥下訓練は、老後を快適に過ごすための必須のリハビリです。

また終末期の緩和ケアを受けるために入院されている方もおられますが、そのような方々には楽な姿勢や楽な呼吸が出来るような終末期リハビリなども取り入れています。 障害があっても、ガンの末期になっても、自分の強い意志で最期まで快適な生活をするようなリハビリを目指しています。 私たちはそれを ”生活リハビリ” と呼ぼうと思っています。

チームアプローチによる総合リハビリテーション

障害者病棟、一般病棟で急性期から、チームアプローチによる脳卒中リハビリテーション、神経難病のリハビリテーション、整形外科的リハビリテーション、重症心身障害児(者)のリハビリを行っており、QOL(生活の質)の向上や家庭復帰を目標に在宅生活を考慮したリハビリに取り組んでいます。
在宅支援機能としては老人デイケア(通所リハビリ)を有し、専門スタッフにより良質のケアーを展開しています。

お知らせInformation

スタッフ紹介Staff

  • 西山 髙志
    リハビリテーション科医長

    専門分野

    リハビリ
  • 古賀 浩孝
    リハビリテーション科医長

    専門分野

    リハビリ